群馬シルクコレクション「KOKORO~ココロ~」

KOKORO ココロ

 群馬県のシルク産業 



  群馬県は、全国一の養蚕県であり、養蚕・製糸・絹にまつわる文化を保存し、日本全国に向け良質なシルク製品の情報発信を行っています。
  日本の近代化を進める大きな第一歩をしるし その輝かしい伝統と技術を守り続けているぐんまのシルク産業。
  養蚕から、製糸、そして織物までの全過程が 川の流れのように、一貫した連携の上に築き上げられて今も高品質なシルク製品を生み出しています。
  絹は、美しさ、優しさ、きめ細やかさなどの 優れた特長があり、古くから、高級繊維の代名詞。
  人と長く接してきた、自然からの贈り物 自然と人間に優しい国産シルクの良さに触れてみませんか。


 ぐんまシルク「繭と生糸は日本一」 



  群馬県は、赤城、榛名、妙義の上毛三山の山並みを背景に、年間を通して明るい陽の光が降り注ぎ、澄んだ空気と利根川水系の豊富な水、
  水はけのよい土壌など、豊かな自然に恵まれています。
  良質な桑の生育と蚕の飼育に適した気候・風土のもと、古くは奈良時代から養蚕が営まれ、繭・生糸の一大生産地として歴史を積み重ね、
  豊かな絹文化を築いてきました。
  明治5年には、日本で最初の官営「富岡製糸場」が建てられ、日本の近代化の礎としても、大きな役割を果たしました。
  現在、繭と生糸の生産量日本一を誇る”絹の郷”ぐんまでは、優良な蚕品種の育成と繭の生産が続けられている一方、気にの特性である
  艶やかな光沢と滑らかな手触り、美しい染め上がりなど、更なる向上を求め、伝統と最先端技術の融合によるたゆまぬ研鑽が行われており、
  最高級「ぐんまシルク」は今も進化を続けています。


 日本初の官営製糸工場「富岡製糸場」が世界遺産登録 


KOKORO ココロ  2014年6月、群馬県にあります「富岡製糸場と絹産業遺産群」が正式に
 世界遺産登録を受けました。
 当店では、同じ群馬県として世界遺産登録を受けたぐんまシルク業を
 応援し、より多くの方々にシルクの素晴らしさを知っていただくために、
 ぐんまシルク製品と富岡シルクブランド製品による「KOKORO~こころ~」
 ブランドを立ち上げ、開発・販売を行っています。

 純国産のぐんまシルクで作り上げた、最高品質の日本製シルク製品を
 是非お試しください。


 最新の特許製法で生み出された「シルクフィル」 


 「KOKORO」製品に使用されている絹100%のふとんの中わたは、創業
 昭和13年の老舗、丸三綿業株式会社によって開発された、特許製法の
 長繊維シルクわた「シルクフィル」です。
 シルクフィルの原料となる繭は、群馬県のオリジナル品種「ぐんま200」を
 使用しており、シルクフィル掛け布団へは、なんと約2000個ものまゆ玉が
 使用されて出来ています。



シルクフィル製品 KOKORO
シルクフィル掛け布団 KOKORO
シルクフィル掛け布団ハーフ KOKORO


シルクフィルベビー布団3点セット KOKORO


シルクフィルおくるみ KOKORO



富岡シルク石鹸 KOKORO
富岡シルク石鹸 レギュラー 80g KOKORO
富岡シルク石鹸 ミドル 40g KOKORO
富岡シルク石鹸 ミニ2個セット 12g×2 KOKORO




Shopping information